« 「非武装国家」の現在的意味を考える | トップページ | 検証石原都政 »

Q&A 「基地・軍隊」と私たちの安全

QaプロブレムQ&A「基地・軍隊」と私たちの安全
  「新ガイドライン」時代の反戦と平和

「安全保障」ってなんですか?
「日米安保条約」はどのようにつくられていったのですか?
国家の軍隊を否定し「非武装」を唱えるのは危険ではないでしょうか?
テロ対策などの「危機管理」はこれからが重要では?
「民衆のための安全保障」「人間の安全保障」とは何なのでしょうか?
私の街では「就職先」として自衛隊は不可欠ですノノ

などなど、基地・自衛隊・米軍・安全保障にまつわる疑問を全47のQ&Aにまとめた便利な1冊。
参考文献リストつき

*****************
派兵CHECK編集委員会著
緑風出版刊(プロブレムQ&Aシリーズ)
四六判/265ページ/1998年4月発行/定価1800円(税別)→特価500円
*****************

全47の項目は「続きを読む」をどうぞ!

【contents】

「安全保障」って何ですか!?
「日米安全保障条約」はどのようにつくられていったのですか?
「日米安保」はどのように変わり、なぜ反対されてきたのですか?
憲法九条と「自衛権」の関係はどうなっているのですか?
憲法九条と安保条約の矛盾をどのように考えたらいいのでしょうか?
「国連軍による安全保障」という構想はどうなんですか?
「国際貢献」のためにも自衛隊の活動の合法化は必要?
「民主主義」と軍隊の関係をどのように考えたらいいのでしょうか?
憲法そのものや戦争のやり方に「ルール」はあるのでしょうか?
「自衛隊」は軍隊なのですか?
昔の軍隊と「自衛隊」はどう関係があるのですか?
憲法九条があったにもかかわらず自衛隊の規模が膨らんだのはなぜですか?
あきらかに軍隊である「在日米軍」は、なぜ日本にいるのですか?
在日米軍は47000人って本当ですか?
在日米軍は戦争に何回ぐらい参加してきたのですか?
自衛隊と米軍が合同で「訓練」をしているそうですが…
在日米軍の「事故」が絶えないと聞きましたが…
軍隊が行くところ「性暴力」はつきまとうの?
「北朝鮮」や中国とくらべて日本の軍備はまだまだ足りないのでは?
有事立法ってなんですか?
「在日米軍」の兵隊は、どんなところに住んでいるのですか?
在日米軍基地には、日本、アメリカ、どちらの法律が適用されるのですか?
沖縄で在日米軍基地の土地取得が問題になっているようですが…
在日米軍基地がひきおこした公害にはどのような問題がありますか?
在日米軍が民間の空港や港などを勝手に使用していると聞きましたが…
山を歩いていたら「米軍の戦闘機」が飛んできたのでビックリしました!
米軍基地を裁判に訴えた人は何人ぐらいいるのですか?
自衛隊は「災害救助」に必要なのではないでしょうか?
勧誘の「手伝い」に自治体や「自衛隊友の会」などの協力が目につきます…
私の街では「就職先」として自衛隊は不可欠です…
日本でも昔の軍人・兵隊には「恩給」が支払われているそうですが…
なぜ、世界にはあまりにも多くの武器が溢れているのでしょうか?
私たちの身のまわりにも「軍需産業」はありますか?
戦争が始まったら「逃げればいい」のでは?
軍隊の中の兵士たち自身による「反戦運動」ってあるの?
日米安保や自衛隊が「違憲」なら、裁判に訴えればいいのでは?
「憲法と民主主義を守ろう!」という反戦運動でいいのでしょうか?
過去の戦争責任を追及することは反戦運動にとって大切では?
基地・軍隊の問題に人権の視野からの取り組みが必要なのでは?
外国では基地撤去を実現した例があると聞きましたが…
「ハイテク兵器」で人の死なない戦争になればいいのでは?
テロ対策などの「危機管理」はこれからが重要では?
女性や弱者が軍隊に入れば軍隊は変わるのでは?
それでも「解放や抵抗」のための「軍隊」は必要なのでは?
本当に「軍隊は民衆を守らない」といえるのでしょうか?
国家の軍隊を否定し「非武装」をt萎えるのは危険ではないでしょうか?
「民衆のための安全保障」「人間の安全保障」とは何なのでしょうか?
参考文献リスト

|

« 「非武装国家」の現在的意味を考える | トップページ | 検証石原都政 »

書籍・ブックレット」カテゴリの記事